• 無料将棋ゲーム(ダウンロード:軍人将棋)
    ADV軍人将棋
  • 無料将棋ゲーム(ダウンロード:はさみ将棋)
    HASAMI

2006年03月23日

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100「勝負脳」を鍛える

「勝負脳」を鍛える

「勝負脳」を鍛える
Amazonレビューより
待望・古田阪神!阪神ファン、谷川ファンの私ですが、古田さんには是非阪神の監督になってほしい、と夢見てしまう読後感。「普通にやったら勝てそうにもない相手とどうやって戦うか」古田イズムの真骨頂が、野球の素人である谷川17世名人との語りの中でわかりやすく引き出されています。
勝負師のしびれる言葉野球の古田、将棋の谷川共に天才であるが、同時に勝負師でありまた大変な勉強家というか研究熱心な2人の勝負に対する考え方が非常に良くわかる言葉で書かれています。情報、心の読み、自己管理、型破り、組織破り、挫折等人生の勉強にもなります。子育てにも参考になり、発想の転換、思考法はビジネスマンにも役立つのではないでしょうか。

Amazonで詳しく見る

谷川 浩司 , 古田 敦也
販売価格 ¥ 540/ 定価 ¥ 540/ 中古価格 ¥190

発売日 2004/07
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-01008五飛を指してみる本

8五飛を指してみる本

8五飛を指してみる本
Amazonレビューより
中座飛車を指そう!超急戦、5八玉、6八玉、角交換と主要な戦形を全て網羅してあり、これを読めば中座飛車の基本的な手筋を全て理解できると思う。細かい枝葉の変化よりも基本的な手筋にフォーカスしているのが嬉しい。この本を何度か読み終えた後には中座飛車の面白さをかなりのレベルで理解している筈で、矢倉、角代わりとは全く異なる激しくスピーディーなこの戦法の魅力から逃げられなくなるでしょう。
定跡本の名作プロの間で多く指されている中座飛車の解説書で、次の一手形式になっている。内容は非常にわかりやすく、今まで中座飛車を指したくても指し熟すことが出来なかった人にはぴったりである。あまりに難解な変化を省いたとしているがそのためにこの本の内容がうすくなっている訳ではなく、中座飛車のエキスが存分に詰まった内容になっている。このわりやすさは森下先生の手によるものだろう。明解、論理的で、解説文を読んでいるだけで簡単に中座飛車を指し熟せそうな気分になってしまう。これは定跡本の名作だ。

Amazonで詳しく見る

森下 卓
販売価格 ¥ 1,365/ 定価 ¥ 1,365/ 中古価格 ¥899

発売日 2001/11
在庫情報 通常2〜3日以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100注釈 康光戦記

注釈 康光戦記

注釈 康光戦記
Amazonレビューより
棋風を楽しみたい将棋世界に連載されていた自戦記に加筆修正して単行本化したもの。佐藤康光は、緻密流とか、1秒間に1億と3手読むとか言われるが、一方で感想戦で読み抜けが発覚することがよくあったりする。愛すべき棋士だ。連載中に読者の反応がないことを気にしていたらしい。ならば、感想を書いて送っておけばよかった。加筆修正された本書は、連載時より格段に読みやすく、読者に1歩も2歩も近づいた語り口だ。そんな語り口とともに、彼の棋風がよく表れている自選棋譜を十分に味わえる。注釈も行き届いており、また楽しい。
有段者には○自戦記集である。スランプ時の状態とか、現役棋士ではなかなか書けないことも書いてある。1分将棋で読みが浅くなることも正直に書いてあり、有段者には参考になると思う。とはいえ、十数手先の効果まで読めているかどうかというレベルだが。途中、中盤での指し手も三択で出題してあり、読みの訓練にもなって○。Pただ、定跡書や手筋集と違うので、評価は高いが売れる本かどうかは?

Amazonで詳しく見る

佐藤 康光
販売価格 ¥ 1,575/ 定価 ¥ 1,575/ 中古価格 ¥950

発売日 2004/08
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100将棋を始めよう ビギナーズブック―これから将棋を覚える人のためのやさしい詰みと必至

将棋を始めよう ビギナーズブック―これから将棋を覚える人のためのやさしい詰みと必至

将棋を始めよう ビギナーズブック―これから将棋を覚える人のためのやさしい詰みと必至
Amazonレビューより
詰みと必至。詰将棋以前の詰みの意味・説明や駒の動かし方といったルールがのってて 一種類ずつ駒の動きを説明してそのあとその駒の詰(む)将棋があります。そしていくつかの駒の動き方をやったあとはその連携プレーの詰将棋があります。問題も詰将棋150問でそのあと必至の説明があって問題40問(うち一手必死32問他三手)。将棋のルール全般ものっていて本当の初心者に一冊だけすすめるとしたらこの本といえるだけの良書です。
良書詰将棋、必至問題ともに易しくてかつ良い問題がそろっている気がします。将棋を覚えたばかりの人にとってはかなり良質の入門書ではないでしょうか。

Amazonで詳しく見る

内藤 国雄
販売価格 ¥ 1,260/ 定価 ¥ 1,260/ 中古価格 ¥760

発売日 1997/09
在庫情報 通常2〜3日以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100鷺宮定跡―歴史と最先端

鷺宮定跡―歴史と最先端

鷺宮定跡―歴史と最先端
Amazonレビューより
良書わかりやすく山田定跡ものっているのよかった鷺宮定跡の本では―番よくて良書
青野さんのライフワーク最初に文句なく★5つだと思います。鷺宮定跡が誕生した理由(山田定跡の限界)から最新形まで順番にまとめられ流れがよくわかる一冊となっています。入門書ではないので難しいところもありますが、有段者には必要知識ではないかと思われます。青野さんの以前の著作にノックアウト四間飛車というのがありましたがこれは非常にわかりやすい鷺宮の本でした。前著では、一部の変化をさらっと流したところがありましたが 実はそういう点が一番難しい変化ですが、そういう点も今回の著作で訂正されていました。(具体例では、△12香、△54歩、△43銀型いわゆる最強形で▲66歩と突く変化ですが前著では▲65歩と取られるといやなので△64歩と突くとありましたが本著では▲65歩と取らせてもたいした事はないと訂正。藤井9段の本でもたいした事はないと解説)他随所に工夫と新しい変化もありお勧めです。まあ欲をいえば、△12香、△54歩型に対しての▲38飛から▲37銀とでるいわゆる木村流(木村一基の著作では解説されている)も見解を載せてほしいかなとまあページの関係で仕方ないのだけど後手は△52金左形で待っている形のみ解説され△43銀で待つ分については、藤井9段の著作(四間飛車の急所(4))を参考にするしかないかな、、なお最終章の最新の対策と問題点は必見です。

Amazonで詳しく見る

青野 照市
販売価格 ¥ 1,449/ 定価 ¥ 1,449/ 中古価格 ¥898

発売日 2005/03
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100真剣師小池重明疾風三十一番勝負

真剣師小池重明疾風三十一番勝負

真剣師小池重明疾風三十一番勝負
Amazonレビューより
破天荒な「真剣師」の生き様と、その類稀なる才能を確認してください将棋が好きで、四半世紀ほど前、相当凝ったことがあります。その頃「小池重明」というアマチュア将棋界において、伝説となっている強さを誇った「真剣師」がいました。Pこの本はその小池重明の波乱万丈の生涯を綴った伝記です。小池重明の生き方って本当に笑ってしまうほど、ムチャクチャです。「飲む、打つ、買う」の放蕩の限りを尽くし、44才で孤独の内に亡くなりました。型破れですし、破滅型の典型とも言えます。ところが、将棋となるとその天賦の才を発揮し、強豪のプロもアマも打ち破っていきます。 小池重明は、最後の「真剣師」とも言われています。「賭け将棋師」のことで、プロ棋士とは違うのですが、全国に名だたる真剣師たちを次々と打ち負かし、そして日本将棋連盟所属のプロ棋士相手にも勝ち越しました。不世出の「賭け将棋師」です。Pプロと対戦するため、連続二期アマ名人となり、特例でプロいりの話も出ましたが、品行が悪く、寸借詐欺事件を起こしたため、アマ・プロ全ての将棋の世界から追放されました。P本書には、その小池重明の残した31番の「棋譜」が残されています。多くの方の評のように、不思議な手が次々と繰り出されます。異能としか言いようがない棋風です。P本当に天賦の才と破滅の運命に翻弄されたかのように、44歳で伝説の「真剣師」が人生の幕を閉じました。
最強のアマ棋士!プロよりも強かったアマチュア棋士「小池重明」。将棋ファンなら一度は聞き覚えのあるこの人物。私生活は究極に滅茶苦茶だったにも関わらず将棋だけは誰にも負けない超天才。ハッキリ言って、かっこいいです。(でもわたしの身近にこんな人がいたら敬遠するかも)プロとアマの差って本当に何なのか、将棋が強いというだけではプロにはなれないのですか?んー、考え込んでしまいます。しかしプロ、アマともに小池さんに負かされた人たちってマイナーな方々ばかりではなくてメジャーもメジャー、一流どころも多くて驚いてしまいました。現在でいえば間違いなく羽生、藤井、郷田、森内、佐藤に該当しますよ。本当に楽しく読ませてもらいました。

Amazonで詳しく見る

団 鬼六 , 宮崎 国夫
販売価格 / 定価 ¥ 560/ 中古価格 ¥90

発売日 1997/04
在庫情報 

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100やまと先生の入門!将棋教室

やまと先生の入門!将棋教室

やまと先生の入門!将棋教室
Amazonレビューより
最初の一冊に最適著者の高橋女流二段が日本将棋連盟の子供スクールで実際に指導しているということもあり、子供に興味を抱かせるような工夫がたくさん見られました。具体的な将棋のテクニックも、なぜこう指すのか、という「考え方」がわかりやすく説明されていて、定跡や手筋の丸暗記ではない、考える力そのものを養うという面をより重視している内容でした。また、礼儀作法や心得に触れている点からも、勝負にこだわるというよりはむしろ、将棋という伝統文化を学ぶことの意味を子供たちに会得してもらいたいという、著者の熱意が感じられました。
ルールだけでなく、一局の流れを知る。 マンガを交えながら(マンガはちょっと余分のような気もするが、このマンガによって、『将棋の素晴らしさ』を伝えたかったのだろうと思う)、将棋のルール、戦い方を、わかり易く解説している。 特に、ルールを覚えて、『さあ、指すぞ!』となったときに、『とはいえ、どう駒を進めたらいいのやら?』と、悩んでしまう私のような人間に、ありがたい内容が、『序盤』『中盤』『終盤』の各章。 最終的な目標は、敵の王将を取ることだが、戦いを序盤・中盤・終盤と分けて、それぞれ何に注意して指していけばいいのかを、わかり易く教えてくれている。 ルールと詰め将棋だけでは、将棋は指せない。初めて将棋に接する子どもはもちろん、大人の人にも、将棋の入門書として、お薦めします。
子供用だけど大人にもマンガを交えた子供向けの将棋の入門本。子供だけでなく、将棋を覚えたい大人にもお勧めしたい内容です。駒の動かし方から始まって、飽きさせない展開で読める本なので、いままで将棋の入門本を買って途中で挫折した人にもいいですよ。

Amazonで詳しく見る

高橋 和
販売価格 ¥ 840/ 定価 ¥ 840/ 中古価格 ¥400

発売日 2003/11
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100将棋は歩から (上巻)

将棋は歩から (上巻)

将棋は歩から (上巻)
Amazonレビューより
読んでない人は損歩の手筋が項目ごとに分類されており、項の始めに数ページを割いてこの手筋はどういうもので、どういう効果があり、どういった局面で使うかという総論が入る。続けて部分図で手筋のメカニズムを解説し、そして最後に実戦譜でその効果を確かめる、という構成になっている。全3巻計900Pとボリュームがあるので今はこの3冊の前にまず「歩の玉手箱」に目を通してから買うことをお奨めします。
星7つ ずばり名著である。『聖の青春』によれば、天才棋士村山聖が小学一年の時に読んだ初めての専門書が本書である。なるほど、才能は才能を呼ぶ。 本書と同シリーズの中巻、下巻どれも読んでいて面白かったし、勉強になった。将棋の奥深さをアマチュアにも理解しやすいように言語化し、きちんとまとまっている。本書と中巻,下巻があれば他の手筋書は必要ないとも思えるような内容である.というか単なる手筋書以上である.またこの『将棋は歩から』というタイトルもいい感じだ。 対象とする読者層はたぶん幅広いとおもう。有段者でも頭の中を整理するのにちょうどいいんじゃないかとおもう。さすがに駒の動かしかたを覚えたぐらいの超初心者には難しいが。あと、小学生にも漢字が多いので難しい。(村山聖はいろんな意味で例外) 巻末に『まあ、ざっと目をとおせば初段、しっかり身につければ2段ないし3段の実力は確実に備わると思う。』とある。そうなんじゃないかなと思うし、そう感じさせるだけの説得力のある濃い内容だと思う。私自身は恥ずかしながら上巻、中巻、下巻を理解したつもりになって読んだが、将棋倶楽部24での点数はまだ300点台だ。しかしそれは単に私がアホなだけで、本書の価値を下げるものでは決してない。何十局、何百局負けようが好きなものは好きである。こんな私でも、本書の素晴らしさぐらいはわかる。本書が将棋好きの多くの人達に読まれ、後世に伝えられていくことを願う。私ももっと棋道を磨き、将来は人に堂々と本書をおすすめできるようになるつもりだ。
名著将棋の本の名著中の名著。上中下の三冊構成で丸まる歩の使い方を解説している。上巻は前進の歩、交換の歩、突き違いの歩、蓋歩、継ぎ歩の6章からなっている。構成はまず、その歩の名の由来、利用方法、利用時期を述べた後、実戦譜での解説となる。実戦譜は古いものであるが参考になるものばかりが取り上げられている。後書にも書かれているが上巻は序盤に出てくる歩の使用法を取り上げているので内容はやや堅苦しくなっている。また取り上げられている定跡は少し古くなってしまっているのが残念。しかしこれらの欠点は些細なことでこの本の内容は将棋を指す上での宝の山である。手元に置いておいて損のない一冊である。

Amazonで詳しく見る

加藤 治郎
販売価格 ¥ 1,470/ 定価 ¥ 1,470/ 中古価格 ¥959

発売日 1992/10
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100未来の定跡 現代矢倉の闘い

未来の定跡 現代矢倉の闘い

未来の定跡 現代矢倉の闘い
Amazonレビューより
東大将棋矢倉道場へのステップ矢倉4六銀戦法についての、おそらく初の本格的定跡書。後手矢倉の有力な対策である”森内流”が登場したころの著作であり、当然その森内流の解説について、多くのページが費やされている。また、95〜97年ごろの主流であった先手矢倉の5八飛戦法についてもまとまった解説がされている点でも貴重。後手矢倉を指す人にはこの本は特に必携といえる。巻末の森下八段のコラムも読み応え十分。P内容はやや古くなっているが、「なぜ現在は『羽生の頭脳5巻』のような手順にならないのか?」「なぜ『東大将棋矢倉道場1巻』で5七角と手待ちする手が取り上げられているのか?」などの疑問点は、この本を読めばある程度は解消されると思われるので、その意味でも読んでおいて損はない一冊といえる。
矢倉についての良質な解説書この本は矢倉の中でも4六銀戦法を中心に解説している。どうしてこの戦法が矢倉の中でも流行したのかがよくわかる。残念なところは4六銀戦法も進化しており最新の研究が載っていないところである。P棋士の中でも良質な解説を書かれる森下先生が丁寧に解説されているので矢倉のエッセンスを存分に味わうことができる。矢倉嫌いの人でも指してみようかなという気になる事うけあい。

Amazonで詳しく見る

森下 卓
販売価格 / 定価 ¥ 1,365/ 中古価格 ¥2,260

発売日 1999/08
在庫情報 

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100升田幸三物語

升田幸三物語

升田幸三物語
Amazonレビューより
升田幸三を現代に復活させよ 私が毎日購読している雑誌に「将棋世界」というのがある。私見を申せば、棋士やプロ棋士の対局においてしばしば盛り上げるための表現を用いて棋士や対局の分析が甘いところが見受けられる。だが本書は、東公平氏の分析と解釈が加わっており、正確な叙述をしているように思う。私自身、現代の将棋界における言論・表現には事実や棋士の証言にあまり基づかれて書かれていないと思っている。その点を東公平氏は情報を仕分けし語っているように思える。P 升田幸三という人物は、将棋界において知らないものはいない。実績を残し、天才とも言われる人物である。ただ本書を読んで思うに、升田幸三は「将棋の天才」というだけではあまりにも淋しすぎる。升田幸三は将棋だけではなく、巧みな話術、そして交遊も政界・財界にも繋がりがある。升田幸三は石原慎太郎氏とも対談したことがあり、ホンダの創業者である本田宗一郎にも会って話したことがある。作家では吉川英治との交友もあり、「升田君は痛快な男だね。彼と話をしていると、宮本武蔵(小説)の筆がよく進むんだ」と言ったのだという。P 升田幸三という人物は現代将棋において序盤戦術が高く評価されており、影響や何かしらの感銘を受けた棋士も多い。確かに「将棋の天才」という地位を与える事は悪くはないだろうし、むしろ当然といってもいいぐらいである。だがしかし、ただ将棋という点だけで升田幸三を語るのはあまりにも惜し過ぎる。将棋に限らず、升田幸三は様々な方面から研究できる人物であろうし、認知度ももっと高くていいはずだ。升田幸三を現代に復活させよ、と思わず言いたくなる今日この頃である
魅力読み終わった後に升田幸三実力制第四代名人の棋譜を無性に並べたくなる、その人柄に接してみたくなる、そんな本である。P51の棋譜が巻末に載っているのもうれしい。

Amazonで詳しく見る

東 公平
販売価格 / 定価 ¥ 900/ 中古価格 ¥892

発売日 2003/08
在庫情報 

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取り

羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取り

羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取り
Amazonレビューより
貴重な横歩2三歩型戦法解説の本横歩取りは今でこそ、中座流と呼ばれる8五飛戦法(出だしは3三角戦法)が主流となっているが、本書で紹介する2三歩戦法や相横歩取りは古くから指されつづけている戦法であり、2三歩戦法で先手が3二飛成と飛車を切る手筋などは定跡の代表例としてよく取り上げられている。(この手に対し後手はなぜ同銀で同飛ではだめかという解説も明快である)現在、2三歩型については解説した本が皆無に近い状態なのでその意味で貴重な本といえる。
以外な使い方この本に紹介されている相横歩取りは、将棋の全定跡の中でも序盤からもっとも激しい変化になる。だからこの戦型の定跡を少し研究して知っておけば、どんな乱戦になっても「相横歩取りよりはましだ」という自信がつく。実戦ではなかなか指しにくいが、これを読んでコンピューターとでも定跡局面から指しておけば、他の力戦、乱戦になったときP精神的に楽に指せる。
横歩取りの歴史横歩取りで後手が2三に歩を打ってから先手が横歩をとる形と、相横歩取りを収録。羽生先生自身、横歩取りを好むと言っているだけに内容は非常によいものとなっている。横歩取りの基本的な部分が網羅されており、横歩取りを指したい居飛車党は必携。また、プロの間では盛んに指されている横歩取り中座飛車戦法だが、そこにたどり着くまでの横歩取りの歴史をこの本と、羽生の頭脳10巻を読めば理解することができる。

Amazonで詳しく見る

羽生 善治
販売価格 ¥ 1,020/ 定価 ¥ 1,020/ 中古価格 ¥348

発売日 1994/09
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100四間飛車道場〈第3巻〉左4六銀

四間飛車道場〈第3巻〉左4六銀

四間飛車道場〈第3巻〉左4六銀
Amazonレビューより
純粋四間飛車党は必携?東大将棋シリーズの一冊。いわゆる4六銀左急戦がテーマ。P青野九段が得意とされている「新鷺宮定跡」の、執筆時における到達点を示している唯一の書、という点で貴重。青野九段自身の著書や『羽生の頭脳1・2巻』とあわせて読めば、とりあえず知識の面でのハンディは解消できる。P内容は間違えなく有段者、あるいは向上心のある努力家向け。急戦を普段指さない居飛車党には必読とは言えないが、作戦の幅を広げる意味で、読んでいて損はない一冊。もちろん正統派四間飛車党を目指す方には、この戦法を避けて通ることは困難なだけに、必携といえるだろう。P(2004年4月21日追記)『四間飛車の急所2・3』や『鷺宮定跡 歴史と最先端』が出版された今となっては、本書はやや各変化の手順が冗長すぎるきらいがあるので、現在での本書の価値は若干低下したように思う(ただ変化が網羅的という意味で本書の価値はいまだ失われていないと思うので、星は5つのままにします)。
あぁ、マニアック!対四間飛車、急戦の奥深さを改めて認識させられました。居飛車、24歩とつき捨てた後の38飛に、37歩と打たれた後の変化が詳しく載っていて、それだけでも読む価値があります。他も詳しく分かりやすいです。しかし、これを読んだ後、居飛車番で斜め棒銀を使う気にはならなくなってしまいましたが・・・(^^;
急戦党の人には必携後手四間飛車、先手6九金型の戦形を最新の変化から非常に詳しく載せてある。内容のわかりやすさも量も申し分ない。「羽生の頭脳 1巻」では6八金型の形ばかりなので、この本と合わせて読んでおくと左4六銀型の急戦は非常に理解が深まるのでは。この本に載っていることは是非とも頭に入れておきたい。

Amazonで詳しく見る

所司 和晴
販売価格 ¥ 1,260/ 定価 ¥ 1,260/ 中古価格 ¥395

発売日 2002/02
在庫情報 通常2日間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100羽生の頭脳10―最新の横歩取り戦法

羽生の頭脳10―最新の横歩取り戦法

羽生の頭脳10―最新の横歩取り戦法
Amazonレビューより
よく整理された1冊非常に優れた1冊です。私など、図書館で3回も借りたあげく、やはり手元に置いておきたいという事で結局買ってしまいました。△8五飛戦法が現れるまでの横歩取り定跡としては、この本と「羽生の頭脳9」を合わせて読めばほぼ完璧でしょう。P内容は非常によく整理されていて、ページ数もしっかり割いていてあらゆる変化が網羅されています。そのため、定跡を覚えるのは大変なのですが、頭がこんがらがる事なく覚えられるはずです。トップ棋士が書いた本というのもポイント高いです。P横歩取りといえば△8五飛戦法に目がいきがちな現在、この本にある旧来の定跡を後手番で試すのも相手の意表をついて面白いと思います。
横歩取り4五角対策に!横歩取り先手を持って、角交換から△28歩▲同銀△45角とやられてあせったことないですか?自己流で研究したけどこの本を読むといろいろなことが分かり、いつでもどうぞ!って感じになります。かなりお薦めです。もちろん、33桂や33角の対策もあるのでいい一冊です!(僕の棋力は3段です。級位者にも役立ちます。)
羽生先生のすごさが、わかる1冊です。初心者の方にも、わかりやすく記述されており、非常に難しい将棋の戦法の意味が、納得しながら覚えられます。そして、横歩取りの楽しさが、十分に理解出来ます。超オススメの1冊です。

Amazonで詳しく見る

羽生 善治
販売価格 ¥ 1,020/ 定価 ¥ 1,020/ 中古価格 ¥348

発売日 1994/12
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100加藤流 振り飛車撃破

加藤流 振り飛車撃破

加藤流 振り飛車撃破
Amazonレビューより
「棒銀」ファンに送る加藤一二三先生が、かねてから執筆中であると喧伝?されていた対振り飛車の急戦戦法の集大成です。Pしかし、対三間飛車に対しては特に章がありません(泣)。基本的には対四間飛車と同じ指し方で向かえということでしょうか。また、中飛車に対しても、3八飛車から歩を交換しての3六飛車−3七桂型の指し方のみで10ページ程度、対向かい飛車棒銀も16ページ程度に留まっています。Pというわけで、タイトルは、「加藤流振り飛車撃破」なのですが、重点は『対四間飛車棒銀』にあります。ここには、多くのページを割き、棒銀での新しい定跡も提案されておられます。ここは、手順を追うだけで、対四間飛車棒銀の破壊力が存分に楽しめ、四間飛車に棒銀を指してやろうという気になって来ます。Pただ、!急戦という戦法の性質上仕方がないのですが、後手番での応用は(相手が無駄な手を指さなければ)少々難しいものとも思います。P最後になりましたが、最終章、実践編には、加藤先生の解説付の棋譜が6、解説なしの棋譜が6、合計12の棋譜が収録されています。Pこの棋譜を盤に並べるだけでも、何か元気が出てくるような、加藤先生らしい棋譜となっています。
永遠の神童、大いに遊ぶ。捌きの思想を主張する振り飛車戦法に、重く力強く真っ向からねじ伏せに行くのが、皆さんご存じの加藤流である。加藤九段のファンには、時に偉大な父を、時に愛くるしい我が子を見いだすかのように加藤九段を応援するという「母性」の愛棋家が数多い。これは加藤九段の将棋が永遠の「元気満点男の子将棋」だからではないか。自分のスタイルを貫いてしかもそれを長くプロの第一線で保ち続けるというのは、プロ棋士のひとつの理想だと思う。それを実践している加藤九段は魅力があって当然だともいえよう。その加藤九段ファン待望の振り飛車破りの本がついに上梓された。Pこのシリーズには、例によって技術的な部分の手堅さもさることながら、各著者の「個性」をテーマにしているようなフシがある。この本も例外なく、「この局面を加藤流ならこう指すのだ」という、著者自らも言うところの「力強さで打開する」はっきりとした主張があり、個性がある。これは読み手にとって嬉しいことだ。P本に収録された手順は実戦で役にたつばかりではなく、「加藤流」という将棋界の一大個性のその息吹を感じることができる。この体験は、稚拙ながらも自分の将棋というものを探している私たちにとって、必要なことだと思う。単に振り飛車破りガイドとしても読め、加藤流の演義書としても読めるこの本は、読んで良し、並べて良しの好著にまとまっている。ファン待望の、いやファンならずとも一読の価値ある著書と思う。読むと元気が出ますよ。おすすめ。

Amazonで詳しく見る

加藤 一二三
販売価格 ¥ 1,365/ 定価 ¥ 1,365/ 中古価格 ¥589

発売日 2003/09
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100実戦の詰将棋 初段120題

実戦の詰将棋 初段120題

実戦の詰将棋 初段120題
Amazonレビューより
さすがは名人やさしく、かつきれいな問題が多く、気持ちよく解けるようになっています。さすがは森内名人。気持ちよく解けるということが、級位者にいかに大切かということをよく分かっていらっしゃる。私は、他の詰将棋本で行き詰まって、やる気がしなくなると、この本をやることにしています。数問解くうちに、再びやる気がわいてきますよ。
実戦ということ・・・詰将棋の本はたくさんありますが、指し将棋に強くなろうと思う人には実戦形式の詰将棋本がお勧めです。パズル的なものとして詰将棋を楽しむなら別ですが&。本書は実戦にそのままでてきそうな形・手筋が多く、すぐにでも実戦で応用できるでしょう。P詰将棋のルールや、詰将棋で強くなるために注意すべき点もふれられていますので、あわせて勉強しましょう。
華麗な決め手 飛車、角といった大駒を簡単に捨ててしまうような、実戦でそう簡単には思いつかないような華麗な決め手が満載です。 詰みを読みきる力がつけば、中盤からの発想そのものが劇的に変わってくると思うし、何より駒の使い方に工夫が出来るようになると思います。 P この本には、かなりの難問が揃っていると思います。 しかし、仮に問題が解けなくても、解説を読むだけで、かなりの棋力向上が図れるでしょう。

Amazonで詳しく見る

森内 俊之
販売価格 ¥ 714/ 定価 ¥ 714/ 中古価格 ¥360

発売日 2000/12
在庫情報 通常24時間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0001-01009四歩の謎―孤高の棋士・坂田三吉伝

9四歩の謎―孤高の棋士・坂田三吉伝

9四歩の謎―孤高の棋士・坂田三吉伝
Amazonレビューより
坂田の本音!坂田三吉の本音にここまで迫った本はないと思います。Pとても印象に残る作品でした。
大切なのは勝ち負けでしょうか?少しでも将棋をかじったことがある人なら「坂田三吉」の名前は聞いたことがあるかと思います。芝居や歌や小説にまでなった三吉は傍若無人の無頼漢、頑固一徹の将棋バカのイメージがありますが、晩年の三吉はそのイメージとは違っていたようです。P晩年の対局で最も有名な端歩突きの局...でも何でそんなに世間を騒がせ、今でも伝説のようになっているのでしょうか?P本書は冒頭その有名なエピソードで読者を引き込みます。有名な端歩突きの対局が将棋界の枠を飛び越え、世間で騒がれるに至った当時の時代背景と坂田三吉という異才人。P実に綿密な資料の分析と当時を知る数少ない人々のインタビューを重ねて、次第に見えてくる坂田の晩年の人物像は非常に興味深いものです。将棋を通して人間的に円熟味を増し、ある種哲学者とも思える晩年の坂田の行動・言動から、端歩突きをするに至った心境に迫ります。P全体の構成が秀逸です。当時の将棋界の全体像、坂田の好敵手関根金次郎の話など坂田を取り巻く周囲から除々に真実の坂田三吉に迫っていく構成は読者を飽きさせません。

Amazonで詳しく見る

岡本 嗣郎
販売価格 ¥ 1,785/ 定価 ¥ 1,785/ 中古価格 ¥300

発売日 1997/03
在庫情報 通常1〜2週間以内に発送

posted by まこ at 11:09 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0401-0500つよくなる将棋―これ一冊で驚くほど実力アップ!

つよくなる将棋―これ一冊で驚くほど実力アップ!

つよくなる将棋―これ一冊で驚くほど実力アップ!
Amazonレビューより
タイトルに疑問。これは入門書。内容は、将棋のしの字も知らないような人に将棋の楽しさを教え、そこそこの実力をつける、というような内容だ。最初に、各駒の動きなどのルールが書かれていて次に、序盤戦、中盤戦、終盤戦のときのそれぞれの考え方(中盤戦は駒損しないことが大事など)や玉の囲み方、飛車の攻め方、銀金での詰み方などの基本的な攻め守りの紹介が書いてある。P次は、駒落ち将棋やその攻め方などが書かれている。そして最後には、矢倉戦戦法、振り飛車戦の手順などの実践的なテクニックについて書かれている。どれもはやり基本的な内容で、ある程度将棋ができる人が読む本ではない。よって「つよくなる」「これ一冊で驚くほど実力アップ!」というのはあまり適切でないきがする。Pたしかに、初めての人がこれを読めば実力が上がるすることは間違いが「つよくなる」「実力アップ」というと普通はある程度の実力を持ってる人(まったく初めての人以外)の実力が上がることではないのか。購入を考えている人はそのあたりを注意して欲しい。

Amazonで詳しく見る

武市 三郎
販売価格 ¥ 819/ 定価 ¥ 819/ 中古価格 ¥1

発売日 1998/12
在庫情報 通常2日間以内に発送

posted by まこ at 11:08 | Comment(0) | 将棋本0401-0500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0401-0500第十一期竜王決定七番勝負激闘譜―竜王谷川浩司・七段藤井猛

第十一期竜王決定七番勝負激闘譜―竜王谷川浩司・七段藤井猛

第十一期竜王決定七番勝負激闘譜―竜王谷川浩司・七段藤井猛
Amazonレビューより
振り飛車の参考譜タイトル戦初登場の藤井七段が、なんと光速の寄せで有名な谷川竜王を4−0で破ってしまったのだ。藤井ファンにはたまらない完勝譜だ。谷川は藤井システム対策で悩み、相振り飛車や右四間飛車も試したが、どれも谷川の完敗。第4譜の藤井の右四間飛車に対する構想は非常に参考になる。また、初期のころの藤井システムが全部で6譜入っているので対穴熊の指し方が参考になる。実際には指さなくても藤井システムの攻防が記されていて、見ごたえ満点だ。Pなお観戦記つきの棋譜はすべて振り飛車の攻防なので、振り飛車党には是非参考にしていただきたい。

Amazonで詳しく見る

読売新聞社 , 読売新聞=
販売価格 / 定価 ¥ 1,575/ 中古価格 ¥1,395

発売日 1999/02
在庫情報 

posted by まこ at 11:08 | Comment(0) | 将棋本0401-0500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0401-0500アマの将棋ここが悪い!〈5〉居飛車穴熊戦法

アマの将棋ここが悪い!〈5〉居飛車穴熊戦法

アマの将棋ここが悪い!〈5〉居飛車穴熊戦法
Amazonレビューより
初級者におすすめ内容はかなり薄いです。載っている内容はかなり限定的なので定跡書としてはもの足りません。しかし成功手、失敗手の理由が細かく解説されているため、これから居飛車穴熊を始める人は穴熊のねらい、考え方を理解できると思います。初級者で穴熊を覚えたい人におすすめします。

Amazonで詳しく見る

田中 寅彦
販売価格 ¥ 1,050/ 定価 ¥ 1,050/ 中古価格 ¥369

発売日 2001/09
在庫情報 通常2日間以内に発送

posted by まこ at 11:08 | Comment(0) | 将棋本0401-0500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋無料ゲーム将棋本0401-0500第60期将棋名人戦―名人丸山忠久・挑戦者森内俊之

第60期将棋名人戦―名人丸山忠久・挑戦者森内俊之

第60期将棋名人戦―名人丸山忠久・挑戦者森内俊之
Amazonレビューより
あの激闘が今甦る&&というほど大袈裟なもんじゃないですが(笑) なんか「小物同士の対決」っぽかった名人戦の(ファンの人ごめん)観戦記を集めたもの。特別に編まれたものではなく、新聞に載ったのをただ集めただけ(に見えるんだけど&&違うのかな?)という構成は、個人的にはあまり好きになれない。観戦記時点では結論が出なかった形に新型が出るとか、いろいろ観戦記−出版までには間があるわけで、その間を全く埋めない手抜きの構成はどうかと思うのだ。 まぁ、竜王戦なんかもこの形式は踏襲しているようだが、むちゃくちゃ言っちゃえば、タダで読めていたものを集めただけ、とまで思ってしまうのだ。P 将棋自体は、そこそこに面白かったと思う。P 全体的に(第3局の大トン死を含めて)丸山名人に読み抜けが多かったような気がするが、当時随分と不調説が囁かれていたし仕方がないのかもしれない。それよりも包み込むような全体を細やかに読んでいる森内新名人を誉めるべきだろう。P ある程度定跡の最先端を行っていた部分はあるので、有段者はそこら辺を追いかけるのが楽しみになるかもしれない。図面は全体的に少ないので、できれば盤駒を出して並べていただきたい。

Amazonで詳しく見る

毎日新聞社 , 毎日新聞=
販売価格 ¥ 1,890/ 定価 ¥ 1,890/ 中古価格 ¥490

発売日 2002/07
在庫情報 通常1〜2週間以内に発送

posted by まこ at 11:08 | Comment(0) | 将棋本0401-0500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする