2006年03月23日

将棋無料ゲーム将棋本0001-0100ホントに勝てる四間飛車―先崎式将棋レクチャー&トーク

ホントに勝てる四間飛車―先崎式将棋レクチャー&トーク

ホントに勝てる四間飛車―先崎式将棋レクチャー&トーク
Amazonレビューより
【四間飛車でアマ初段を目指す】本書はタイトルの通り、四間飛車でアマ初段を目指したい人に適している。大変見やすく、すばらしい書ではあるが、星を一つ減点した。その理由は、対右四間飛車と対早仕掛けの郷田新手について書かれていない事。対右四間飛車はアマ初段を目指す方であれば、絶対に相手にしなければならない戦法であるし、対早仕掛けは郷田新手が現れる一歩手前(自陣飛車を打つ場面)で終わっており、その時点で四間飛車側有利と本書では書かれている。実際は新手により若干四間飛車側不利であり、この変化もアマ初段クラスでは当然出てくる。しかし四間飛車入門書には最適ですので、これから四間飛車を指したいと思っていらっしゃる方は絶対買って損のない本です。
四間飛車を指し始めるのにもってこいの本でした四間飛車を始めようとあれこれ将棋の本を物色しましたが、中〜上級者向けが多く、初歩的な事柄が書いてある本が意外と少ないと思っていました。何で居飛車側の左美濃は天守閣が多いのか?とか船囲いは金を上がっておくのか?なぜ穴熊に堅さ負けしてしまうのかなど、素朴な疑問を常に持っていました。P本書はそういった初心者にありがちな疑問点を分かりやすく説明し、且つ、対棒銀、早仕掛け、左美濃、オーソドックスな穴熊攻略など、もっともありがちな対抗形での戦い方の指針を分かりやすく、簡潔に説明しており非常に参考になりました
四間飛車で勝つためのイメージができるこれまでの定跡本にはない、勝つためのコツ、イメージ、大局観、考えた方を非常にわかりやすく説明している。今まで何冊も定跡本を読んでもなかなか身につかなかった、「なぜそう指すべきなのか」を、筆者の独特の文章で非常にわかりやすく書かれており、まさにレクチャーを受けているような感覚でスラスラと理解できる。特に、初段前後のレベルに対するお勧めの指し方が明確なので、実戦でもこうすれば勝てるはずという自信を持って指せるようになること請け合い。続刊が待たれる。

Amazonで詳しく見る

先崎 学
販売価格 ¥ 1,365/ 定価 ¥ 1,365/ 中古価格 ¥800

発売日 2002/12
在庫情報 通常1〜2週間以内に発送


posted by まこ at 11:10 | Comment(0) | 将棋本0001-0100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。